わんにゃんドック20%offキャンペーン実施中
獣医師・動物看護師募集

症例Report

『骨肉腫 後肢断脚術』

:2016. 10. 13
:平塚

症例

 

後肢断脚術 <日本猫 年齢不詳 メス>

 

稟告

 

右後肢の跛行及び腫れ。

 

レントゲン検査所見

 

右足根部付近にて腫脹と骨の破壊像が認められました。

 

footcat-w4
[レントゲン画像]

右足根部付近が腫脹しており、一部骨が不整になっています

 

 

細胞診検査所見

 

悪性間葉系腫瘍の疑い。

治療

 

レントゲン像や細胞診の検査から骨肉腫の可能性が高いと判断し、断脚術(大腿骨から切断)を実施しました。

dscn3198
[術中写真1]

切皮後、切断する筋肉を分離

dscn3199
[術中写真2]

大腿動静脈を結紮

 

dscn3201
[術中写真3]

座骨神経の切断前に浸潤麻酔を実施

dscn3203
[術中写真4]

大腿骨切断前

 

 

骨肉腫とは

 

この症例は、切断した後肢の病理検査の結果、骨肉腫と診断されました。骨肉腫は猫において最も一般的な骨原発の腫瘍です。痛みを生じることも多く、脚に出来た骨肉腫に対しては断脚術が適応となります。断脚後は比較的元気に過ごすことが出来ますが、犬ほどでないものの転移の可能性もある腫瘍であるため、抗癌剤などが必要になる場合があります。

 

その後

 

断脚後の不自由さにも慣れ、元気に過ごしています。現在の所転移や再発は確認されておりませんが、十分な注意が必要です。

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018