動物看護師募集

症例Report

『短頭種気道症候群』

:2017. 9. 24
:西川

症例

 

短頭種気道症候群 <フレンチブルドッグ 去勢オス 10歳齢>

 

稟告

 

仰臥位で睡眠中、度々呼吸が止まる。また、覚醒中の呼吸音は喘鳴性である。

 

身体検査所見

 

鼻孔の狭窄が認められた。また、麻酔下において、軟口蓋の過長および喉頭嚢の反転が認められた。

以上の所見より、短頭種気道症候群として、外科的処置を行った。(臀部に発見された 直径1cmの皮膚肥満細胞腫の切除術と同時に実施した。)

 

手術

 

鎮静および麻酔時における呼吸の管理を特に慎重に行い、以下の手術を実施した。

(1)鼻孔狭窄に対して

鼻鏡を構成する背外側鼻軟骨をメスで切除し、縫合した。

 


[術前の鼻孔]

 


[術直後の鼻孔]

 

(2)軟口蓋過長に対して

過長した軟口蓋を牽引し、炭酸ガスレーザーで焼烙しつつ切除し、縫合した。

 

(3)喉頭嚢反転に対して

外反した喉頭嚢を炭酸ガスレーザーで蒸散させた。

 


[術前の喉頭付近の様子。過長した軟口蓋(鉗子で牽引しているもの)が上部気道をほぼ覆っている様子が伺える。]

 


[軟口蓋過長と喉頭嚢反転を整復した後の喉頭付近の様子。気管チューブ上方の縫合跡が軟口蓋過長の整復跡、同下方の焼烙跡が喉頭嚢反転の整復跡であり、両手術により、上部気道が確保されている様子が伺える。]

 

術後の経過

 

覚醒直後はやや興奮する傾向があったため、酸素室で過ごしてもらうとともに、必要に応じてアセプロマジンの静脈投与により鎮静させ、数日管理した。

その後は呼吸状態が安定し、喘鳴性の呼吸音はほぼ消失したたため、退院となった。

退院後の経過は良好で、オーナー様からは、「以前は呼吸音で家の中のどこにいるのかすぐ分かったが、退院後はどこにいるのかわからなくなった」とのお声をいただきました。

 

 

短頭種気道症候群とは

 

短頭種気道症候群とは、短頭種(ブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、ペキニーズなど)によく認められ、鼻孔の狭窄、軟口蓋の過長、喉頭嚢の外反などにより、気道が狭くなってしまう疾患です。

症状としては、呼吸の雑音、睡眠時の無呼吸、チアノーゼなどあります。

治療方法としては、軽度の場合は減量が有効な場合もありますが、重度の場合は、原因除去のための複合手術(狭窄性鼻孔の切除、過長した軟口蓋の切除、喉頭嚢の切除など)が必要となります。

 

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018