獣医師・動物看護師募集

症例Report

『皮膚再建手術』

:2014. 11. 11
:西川

症例

肘にできた軟部組織肉腫 <柴犬 13才 メス>

稟告

当院のペットホテル時に肘の内側約4cmのできものを発見

術前バイオプシー検査(病理検査)

軟部組織肉腫

軟部組織肉腫とは

皮膚の真皮由来が多く、全身に発生する悪性腫瘍である。
転移率は低いが浸潤性が強いため、放置しておくと、どんどん大きくなってくることが多い。
できるだけ早期の手術が望ましく、四肢に発生した場合は断脚になることも少なくない。

手術所見

肘の内側にできた腫瘍を拡大切除。
腫瘍周囲から広範囲に切除し、筋肉の一部も切除して、腫瘍が完全に取り切れるように配慮した。
皮膚の欠損が大きくなったため背中の皮膚を移動して、そこに充填した。(胸背動脈を利用した有軸型皮弁)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

術後病理組織検査

悪性神経鞘腫(軟部組織肉腫)と診断された。
切除状態は良好で完全に切除されていた。

その後

術後2か月で再発もなく元気に暮らしている。
しかし再発の多い腫瘍のため、今後も経過をみていく必要がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018