※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200
インターネット予約(診察券有)

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木 ※休診日も獣医師は常駐しておりますので緊急の際はご連絡ください

  • 千葉県松戸市三矢小台4-2-25

  • 北総線矢切駅 徒歩15分/三矢小台、上矢切バス停 徒歩1分

※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木
※休診日も獣医師は常駐しておりますので
緊急の際はご連絡ください

インターネット予約(診察券有)

症例Report

『水頭症(V-Pシャント術)』

:2019. 2. 18
:森

症例

 

 柴 2ヶ月齢 雌

稟告

 

後肢のふらつき、元気の消失、時折触ると激しく鳴く、とのことで来院された。

一般身体検査

 

意識状態はやや沈鬱だが、時折過剰な興奮状態となった。また、四肢の固有位置感覚は低下していた。また、両側の腹外方斜視が認められた。また、頭部はドーム状に拡張しているように見受けられた。

超音波検査

 

泉門より頭部を探査したところ、脳脊髄液(矢印)の著しい増加が認められた。

 

 

MRI検査

 

MRI検査では、脳室(白矢印)の顕著な拡大と、脳実質(黒矢印)の菲薄化が認められた。先天性の水頭症と診断された。

 

水頭症とは、何らかの原因で脳内の液体(脳脊髄液)過度に貯留してしまうことにより、脳の正常な構造や機能が失われてしまう疾患である。

 

 

治療

 

脳圧降下剤としてグリセリン(静脈点滴または内服)、消炎剤としてプレドニゾロン(皮下注射あるいは内服)による内科的治療を2週間程度試みたが、症状の改善は乏しかった。そのため、鎮静下で、超音波ガイド下で脳脊髄液を少量抜去したところ、症状が軽減したことから、手術適用と判断し、V-Pシャント術を実施した。

 

V-Pシャント術とは、脳室と腹腔内を短絡させるドレーン管を設置し、脳脊髄液を腹腔内に逃がす経路を作る手術である。

 


[手術中の様子。術野の上方が頭部、下方が尾部である。術野下方の腹腔内にドレーン管を設置し、皮下を通して術野上方の後頭部付近までドレーン管を通したところ。後頭部には頭蓋骨を穿孔させた開口部が見えている。]

 


[頭蓋内のドレーン管を設置し、短絡路が完成したところ。脳脊髄液の腹腔内への流出を確認した後、閉創した。]

 

術後経過

 

術後約1ヶ月で撮影したCT検査および超音波検査では、ドレーン管の折れ曲りはなく、頭蓋内における脳脊髄液の減少がみられた。

 

一時的に過敏症状や眼振が出ることはあるが、術後3ヶ月経過した現在も内服(消炎剤、抗てんかん薬、脳圧降下剤)によって良好に維持している。

 


[術後1ヶ月で撮影したCT像。チューブの折れ曲り等がない様子が伺える。]

 


[術後1ヶ月で撮影したCT像。脳脊髄液の容積が減少している様子が伺える。]

 

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!