動物看護師募集

症例Report

『橈尺骨骨折(創外固定)』

:2016. 10. 23
:山本

症例

 

橈尺骨骨折 <MIX猫 2歳 避妊雌>

稟告

 

10日前にベランダから脱走。先程保護したが、口に出血痕があり左前肢が跛行しているとのことで来院。

身体検査

 

身体検査では口腔内にわずかに出血痕は見られるものの、既に出血は止まっており大きな外傷も見られませんでした。しかし左前肢の跛行は強く、骨折の可能性が疑われました。

 

レントゲン検査

 

左橈尺骨遠位のらせん骨折が確認されました。

im-0001-1001

im-0001-2002

 

治療

 

骨折の整復治療では通常プレートを用いることが多いのですが、本症例では骨折が遠位端に近いためプレートの装着は難しいと思われました。そのため、ワイヤーと創外固定にて整復手術を行うことにしました。

術後のレントゲン写真

 

im-0001-2002

im-0001-1001

 

その後の経過

 

退院してから術創を気にする様子はあったものの肢は使えており、経過も順調であったため術後から約2か月後に創外固定の器具を外しました。現在は以前と変わりない生活ができています。

創外固定器具除去直後のレントゲン写真

 

im-000%ef%bc%92-2002

im-000%ef%bc%92-1001

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018