獣医師・動物看護師募集

症例Report

『椎間板ヘルニア』

:2015. 2. 9
:西川

症例

椎間板ヘルニア <ミニチュアダックスフンド 7才 オス>

稟告

急に歩けなくなった。

CT検査

第12胸椎と第13胸椎の間右側に脊髄圧迫像、椎間板石灰化が認められた。

高橋ぷー

高橋ぷー2

椎間板ヘルニアとは

椎間板に変性が生じ、椎間板物質が脊柱管内に突出することにより脊髄を傷害し、様々な神経症状を引き起こす疾患である。ミニチュアダックスフンド、ビーグル、コーギーなど胴が長い犬種に起こりやすい。脊髄への圧迫や傷害の程度で症状も変わってくるが、軽度であれば疼痛のみで内科治療により症状が良化する。重度になると後肢の完全な麻痺、膀胱麻痺、あるいは脊髄軟化症を引き起こし死にいたることもある。

治療

本症例は後肢の麻痺が急速に起こり歩行不能であったため、直ちに手術に踏み切った。超音波手術器を用いて片側椎弓切除術を行い、突出した椎間板物質を摘出した。

術中写真
[手術中写真]

その後

術後1週間ほどで歩行が可能となり、現在再発もなく元気に暮らしている。

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018