わんにゃんドック20%offキャンペーン実施中
獣医師・動物看護師募集

症例Report

『帝王切開』

:2016. 3. 15
:塩見

症例

 

帝王切開 <ヨークシャーテリア 1歳 メス>

稟告

 

妊娠が判明し腹部も大きくなってきたが、出産の徴候がみられないとのことで来院。

超音波検査、レントゲン検査

検査により健康な胎児が2匹確認出来ました。しかし、予想以上に胎児が大きく育っており難産が予想されました。

日比野マリー

帝王切開

 

出産日になっても出産の徴候が見られず、更に胎児が大きく育っていた為に難産の可能性がありました。難産になると母子共に危険な状態になる事もありますので、飼い主様と相談し帝王切開を選択しました。帝王切開は母犬や胎児の麻酔の影響を最低限に抑える為に、素早く手術を行っていく必要があります。

DSCN1719

[術中写真]

 

犬の難産

犬の難産の判断基準としていくつかのポイントがあります。⑴通常、分娩前に体温が1〜2度低下するが、低下してから1日経っても分娩が起こらない。⑵強い陣痛が30分以上続くが産まれない⑶胎児の一部分が出てきているが産まれない⑷破水が起こって数時間経つが産まれない⑸胎盤剥離が起こり、暗緑色の分泌物が排出される。これらの状態は難産の可能性がありますので注意が必要です。

 

その後

 

現在2匹の子犬さんは順調に大きくなっています。帝王切開は命の誕生をお手伝い出来る、とてもやりがいのある手術です。

DSCN1722

[帝王切開直後の子犬]

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018