わんにゃんドック20%offキャンペーン実施中
獣医師・動物看護師募集

症例Report

『上腕骨骨折』

:2016. 9. 14
:西川

症例

 

上腕骨骨折 <日本猫 6ヶ月齢 メス>

 

稟告

 

高い場所から落下した。その後、左前肢挙上して痛がる。

 

レントゲン検査所見

 

左上腕骨の蝶形骨折が認められた。

 

fo-armlat-cat-w4
[レントゲン画像]

左上腕骨の蝶形骨折が認められる。

 

 

治療

 

本症例は、上腕骨の蝶形骨折で、外固定などの保存療法は難しく手術が適応となる。 手術法は様々あるが、今回はプレートロッド法を選択した。皮膚切開は外側アプローチを行い、橈骨神経に注意を払い骨折部位を露出した。まず骨片をサクラージワイヤーにて固定した後、髄内ピンで骨折を整復した。この状態では回転の力に弱いので、DCPプレートを併用し固定を強化した。プレートは上腕骨の湾曲に合わせベンディング(曲げること)した。

dscn1748
[術中写真1]

撓骨神経を確保している。

dscn1747
[術中写真2]

骨折部位を露出している。

 

dscn1761
[術中写真3]

サクラージワイヤーおよび随内ピンにより整復。

dscn1765
[術中写真4]

プレートのベンディングの様子。

 

 

 

その後

 

症状は改善し、再骨折することもなく元気に走り回っている。

fo-armlat-cat-w42
[術後1ヶ月半後のレントゲン画像]

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018