※初めての方はお電話でご予約ください

       047-308-6200

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木

インターネット予約(診察券有)
  • 千葉県松戸市三矢小台4-2-25

  • 北総線矢切駅 徒歩15分/三矢小台、上矢切バス停 徒歩1分

※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木

インターネット予約(診察券有)

症例Report

『ウサギの骨端板骨折』

:2019. 5. 2
:豊島

症例

 

骨端板骨折 ウサギ 4ヶ月齢 ♀

稟告

 

来院15分前、すのこに脚を挟んでしまった。

身体検査・X線検査

 

視診上、左後肢の外反、挙上および跛行を認めた。また挟んだ部位の皮膚の外傷を認めた。X線検査において、左脛骨の成長板に沿った骨折、骨幹端の一部の骨折が認められた(Salter-Harris II型骨折)。

手術・治療

全身麻酔下にて、成長板を整復した後、髄内ピンでクロスピン固定を行った。術後、ロバートジョーンズ包帯で外固定し、入院下で疼痛および感染管理をした。

経過

 

術後の術創は問題なく、一般状態も良好な為、一週間後に退院とした。退院六週間後、骨折部位のズレは認められなかった為、今後のピンのズレによる歩行障害や感染のリスクを考慮し、抜ピン処置を行った。本例は内側側副靭帯が断裂していたが、現在(術後約一年)は歩行も問題なく後遺症も認められていない。

ウサギの骨は、他の動物に比べて、体重に対する骨の比率が低く骨折しやすい。ウサギにおける後肢の骨折部位は骨幹部が多く、本例の様に成長板にみられるケースは比較的少ないと思われる。
今回のケースのように、ウサギの骨折の発生要因として、落下、挟まれ、踏みつけなど事故によるものが大半である。また、若齢なほど活発であるため、飼育には十分に注意されたい。

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!