獣医師・動物看護師募集

症例Report

『直腸腫瘤(形質細胞腫)』

:2018. 2. 28
:西川

 

症例

 

直腸腫瘤(形質細胞腫) <ゴールデンレトリバー 去勢オス 11歳齢>

 

稟告

 

他院にて2年前に直腸に結節が発見され経過観察していたが、徐々に大きくなり、排便時に肛門から逸脱して出血するようになったため来院された。

 

一般身体検査所見

 

活動性および食欲は良好であった。肛門から8cm✖3cm✖3cm程度の腫瘤が逸脱していた。

 


[来院時の肛門周囲]

 

胸部X線検査、腹部超音波検査、および血液検査

 

特記事項なし

 

治療

 

細胞診を試みたが有意な細胞は採取できず、腫瘍の種類を特定することはできなかったが、排便障害となる可能性や腫瘤の自壊による出血を考慮し、外科的摘出を行うこととした。 直腸を肛門アプローチ法により外面化した後、筋層より粘膜側で腫瘤を切除した。

 

 


[切除直後の術創]

 

その後

 

術後の術創は良好であり、排便もすぐに見られた。術創の感染を防ぐため、術後は抗生剤の投与を集中的に行い、4日後に退院した。

切除後の腫瘤は病理検査にて、形質細胞腫と診断された。 術後1ヶ月後、および2ヶ月後の検査においては、術創の裂開・感染や再発は見られず、また排便も良好であるため、経過観察としている。

 

 

 

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018