わんにゃんドック20%offキャンペーン実施中
獣医師・動物看護師募集

症例Report

『撓尺骨骨折』

:2014. 11. 11
:南

症例

撓尺骨骨折 <イタリアン・グレイハウンド 7才 オス>

稟告

右前肢挙上

レントゲン検査

右前腕(撓尺骨)遠位端にて斜骨折を認めた。

骨折 AP

骨折 ラテ

治療

小型犬やイタリアン・グレイハウンド、ミニチュアピンシャーなどの犬種は前腕部遠位(指先側)の血液供給などが不足しやすいため、
癒合不全(くっつかない)などの合併症が起こりやすい。しかし、ギプス固定等では治癒は望めないために、外科的な整復が必要になる。

今回の症例に対しては、プレート固定法を実施して整復を行った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[手術中写真]
骨折部位を整復し、プレートにて固定した。

その後

術後も定期的なレントゲン検査でのチェックを行い、固定部位のズレが無いかどうか、
骨が薄くなっていってないかなどを確認しているが、術後1ヶ月を経過して順調な回復を見せている。

術後 1ヶ月 AP

術後 1ヶ月 ラテ

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!
Follow Us :    
   かんじ動物病院 © 2018