※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200
インターネット予約(診察券有)

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木 ※休診日も獣医師は常駐しておりますので緊急の際はご連絡ください

  • 千葉県松戸市三矢小台4-2-25

  • 北総線矢切駅 徒歩15分/三矢小台、上矢切バス停 徒歩1分

※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木
※休診日も獣医師は常駐しておりますので
緊急の際はご連絡ください

インターネット予約(診察券有)

症例Report

『前立腺がん』

:2014. 7. 11
:西川

症例

前立腺がん <ウェルシュコーギー 9歳 オス>

稟告

血尿

超音波検査

前立腺腫大、内部点状高エコー、膀胱内にも腫瘤浸潤


膀胱尾背側にもポリープがあった


前立腺内石灰化、膀胱内浸潤

病理検査

FNAおよびコアー生検により前立腺がんと診断

治療

前立腺がんは転移しやすく、予後も厳しく、1週間以上生存した犬の生存期間は約30日とも言われている。
治療として外科手術、放射線治療、抗がん剤治療、消炎鎮痛剤投与の選択があるが、どの治療も完治は難しく緩和治療になることを説明した。飼い主様の希望により、積極的な外科手術を希望されたため、膀胱前立腺全摘出術を実施した。


膀胱前立腺全摘出


尿管を包皮内に開口した

その後

術後3か月以上経過しており、抗がん剤投与を3週間に一度行っているが、転移もなく元気に生活を送れている。膀胱がなく自力での排尿が不可能なため、おむつを常に装着しておかなければならないのだが、飼い主様の努力により幸い感染などもなく順調に経過している。

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!