※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200
インターネット予約(診察券有)

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木 ※獣医師は常駐しておりますので緊急の際はご連絡ください

  • 千葉県松戸市三矢小台4-2-25

  • 北総線矢切駅 徒歩15分/三矢小台、上矢切バス停 徒歩1分

※初めての方はお電話でご予約ください

047-308-6200

AM9:00〜12:30 PM4:00〜7:00 休診日:木
※獣医師は常駐しておりますので緊急の際はご連絡ください

インターネット予約(診察券有)

症例Report

『会陰ヘルニア②』

:2015. 4. 21
:平塚

症例

 

会陰ヘルニア <チワワ 11歳 オス>

稟告

 

肛門の脇が膨らんでおり、便や尿が出づらい

検査結果

来院時、肛門脇に膨らみを認め、直腸検査及び超音波検査、レントゲン検査を実施しました。結果、肛門脇の筋肉の隙間から結腸と膀胱が突出していました。

CHEST,GEN.DV,DOG T4

[レントゲン写真]

便とガスを内包した腸管が臀部に認められます


治療

 

ヘルニア孔から膀胱が出てきていたことから尿路閉塞の危険性があったため、早急に整復手術を実施しました。手術法は様々ありますが、今回はポリプロピレンメッシュを用いた整復手術及び、再発防止のために結腸固定と精管固定を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[精管固定]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[結腸固定]




OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[ポリプロピレンメッシュ装着]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[術後写真]



その後

 

現在術後1か月が経過していますが、排便も良好でヘルニアの再発もなく順調に生活しています。会陰ヘルニアは再発することもあるため、今後も経過観察していく必要があります。

Back

併設施設&サービス

トリミングサロン併設
ペットホテル併設
アニコム、アイペット窓口精算対応!